0から始める賃貸併用住宅のつくり方

資産0、知識0の状態から賃貸併用住宅を建て家族3人で暮らしています。新築の記録、融資の受け方、土地や工務店の選び方、家関連のお得な情報等書いています。人生はチャレンジ!初心者が0からスタートし資産構築していくまでの記録です。

不動産投資のメリットデメリット①

不動産投資のメリット、私の場合は以下のような事を考えました。

不労所得である

②投資の中では社会的信用度が高い

レバレッジを効かせられる

④長期にわたり安定収入が得られる

⑤成功したイメージが持ちやすい

⑥専門知識の有無に関わらず再現性が高い

⑦投資なので副業規定の心配をしなくてよい

 

①の不労所得に関しては、誰でも知っている事で、不動産の場合直接人が働かなくても、家自体が稼いでくれるので、空室さえ出なければ家賃収入がそのまま収入となります。

②については不動産投資は株やFX等の投資に対しイメージが良く、社会的信用度が高く、お金を借りる際に銀行の評価にも繋げることができます。

③のレバレッジとは「テコの原理」の事で、小さな資本金で、大きなリターンを得ることが可能になります。私の属性は世間一般から見ると多少高い方です。しかし恥ずかしながら貯金は少なく、200万程度です。不動産投資であればやり方によっては手出しの現金を使わずに、フルローン、オーバーローンというやり方で全額をローンでスタートする事も可能になります。正社員の属性を最大限活かすことが可能です。FXのレバレッジが最大25倍で、かつ手出しの現金を失うリスクも大きい事を考えると、不動産投資は遥かに低リスクで大きい効果を生むことができる投資であると言えます。

④については、不動産は人間だけが働くわけではなく、建物自体が働いてくれるので、病気や事故等で例え本人が働けなくなったとしても、工夫次第で長期にわたって安定収入を得ることが可能になります。

⑤、⑥については、不動産投資は株やFX等と比べとてもシンプルで分かりやすく、立地と建物さえ良いものを用意できれば、専門知識の有無に関わらず、誰でも同じ結果が得られ易いと考えました。素人の私にとっても再現性の高い投資であると言えます。

最後の⑦については、不動産投資はあくまで投資なので、副業規定の心配をする必要がなく、職場の目を気にする必要がないと考えました(きちんと副業規定を調べたわけではないのですが、5棟10室という事業規模にあたらなければ大丈夫だと本で読みました(^_^;)

1歩踏み出す価値は十分にあるなと思いました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村