0から始める賃貸併用住宅のつくり方

資産0、知識0の状態から賃貸併用住宅を建て家族3人で暮らしています。新築の記録、融資の受け方、土地や工務店の選び方、家関連のお得な情報等書いています。人生はチャレンジ!初心者が0からスタートし資産構築していくまでの記録です。

2×4(ツーバイフォー)のフレーミング工事10日目

今週で賃貸併用住宅のフレーミングがスタートして10日目になります。


先週から1週間でここまで進んでいました。




1階の外側枠組みがかなり進んでいて、1階賃貸部分のロフトの枠組みを作っているところでした。


1階の床の合板の上に上がらせてもらいましたが、基礎からの高さもあるのでかなり高さを感じました。



外側の枠組みに合板が打たれていて、2×4がパネル工法と言われている理由も実感できてきました。


私たちの家は大手ハウスメーカーのように工場で作ったパネルを現場で組み立てるのではなく、基本的に1人の大工さんが担当しています。


だから当然家づくりのスピードも遅いです。


けど逆に家の変化をゆっくり見る事ができるので、それはそれで良しとしています。


それにしてもこれだけの作業を1人でやってしまうのだから、職人技って本当にすごいなと思います。


1つ心配になって、大工さんに聞いた事あります。


「屋根できるまでに雨が降って濡れちゃっても平気なんですか?」


大工さんに即答されました。


「2×4で使っている木材は雨に強いんで全然影響ないですよ」


安心しましたが屋根ができるのは年明けになりそうなので、やっぱり少し不安が残りました。


新築の木のいい香りも現場では感じる事ができます。


完成が待ち遠しいです。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村