0から始める賃貸併用住宅のつくり方

賃貸併用住宅に家族3人で暮らしています。

小さな戸建て賃貸のメリットについて

f:id:ichihayakakeru:20180729230533p:image

私は現在小さな戸建て賃貸を新築で建てることを検討しています。

 

どれくらい小さな家かというと

 

延べ床面積約58平米の2LDKの2階建のおうちです!

 

そんな小さな家本当に建てられるの?

儲かるの?

 

誰もがそう思いますよね。

 

けれど私は大丈夫だと思っています。

オシャレで機能的な家を建てられるし、収益もしっかり出せます!

小さな戸建て賃貸にはメリットがたくさんです!

今回の記事では小さな戸建て賃貸のメリットについてまとめたいと思います!

目次

土地が安い

小さな家を建てる場合、土地ももちろん小さくて済むので土地にかける費用を圧倒的に抑える事ができます。

建物を建てるのにあまりに小さ過ぎる土地は需要がなく誰も手を出したがりません。

需要がなければ当然価値は下がります。

だから土地を圧倒的に安く購入する事が可能になるのです。

小さな土地であれば立地が良いものを安く購入する事だって可能になります。

建築費が安い

家は小さければ小さいほど使う資材が少なくなるので、当然建築費も安く済ませる事ができます。

工務店により得意不得意ありますが、60平米以下の家なら1000万円以下で建てるというのもかなり現実的です。

建築費を抑えられれば当然収益を得やすくなるので物件の利回りを上げることが可能になります。

 

新築で始められる

新築で始められるってかなりメリットあると思うんですよね。

入居者目線で見ると、築年数って家賃、立地の次くらいに重要な観点だと思うんです。

新築で始める事ができれば、家賃や空室率の下落、修繕費なんかも全てシナリオに入れたうえで建築する事が可能です。

いろんな要因が計算しやすいです。

これからは3軒に1軒が空き家の時代なんて言われますが、基本は古い物件から廃れて空き家になっていくんです。

だったら新しい物件ほど生き残る確率は高いですよね。

新築で始めて築古になったらリフォームして再生させるっていう事も当然可能です。

その場合にも、家の構造をしっかり分かっていれば当然リフォームしやすくなり、余計なリスクを背負う確率も低くなります。

戸建て賃貸を新築でスタートできれば50年先の戦略まで見通す事が容易くなるのです。

子供やペットが騒いでも大丈夫

戸建て賃貸の防音効果やプライバシーの確保って高級マンション以上に最高級です。

どれだけ子供やペットが騒いでも大丈夫です!

もちろん敷地を挟んだ隣の家には人が住んでいるので、常識の範囲を超えて騒いだら当然苦情は来ると思います。

まあ戸建て賃貸で苦情が来るんだったらどこに住んでもダメだと思いますけどね。

少なくとも上下階の騒音に悩まされることは一切ありません。

友達を呼んでパーティーをしたって誰も文句を言う人はいません。

駐車スペース、庭、バルコニーなどに付加価値を付けられる

戸建て賃貸であれば基本は敷地内の駐車場付きだし、プラン次第では専用の庭や広いバルコニーを確保することができます。

敷地内駐車スペースがあるだけで普通の賃貸より魅力的だし、利用価値の高い庭やバルコニーがあれば当然その分だけ入居者からの価値は高まります。

戸建て賃貸であれば建物の延べ床面積以外の部分に付加価値を付ける事が出来るんです。

小さな戸建て賃貸であっても敷地内に魅力的なスペースを作り出すことはもちろん可能です。

競合物件がない

小さな戸建て賃貸って競合がありません。

むしろ今までに募集の出ている物件を見た事がありません。

だからこそ他の物件と大きな差別化を図る事が可能です。

収益を出すためにはプランと戦略が重要ですが基本は需要が多く、供給が少ないものは市場価値が高いです。

そのポイントに落とし込めれば小さな戸建て賃貸は魅力的な物件になり得ます。

例えば

・戸建てなのに2LDKのアパートより安い

2LDKだけど3LDK、4LDK以上に快適な生活ができる

・ペットが快適に過ごせる空間がある

・バーベキューやガーデニングなど趣味を楽しむことができる空間があるetc.

何をターゲットにするかは立地によっても変わってきますが、落とし込むポイントをしっかり見極めれば、競合がないということは非常に大きなメリットになります。

一度入居してもらえれば競合が少ない分、長く入居してもらえる確率も当然高くなります。

出口戦略が立てやすい

小さな戸建て賃貸には小さいけれども決してなくならない「土地」という資産がついています。

新築でスタートし、リフォームを繰り返し何とかかんとか50年経過したのち「土地」として売却することは難しいことではないでしょう。

もちろん中古物件として売却したり、オーナーチェンジする事も可能です。

中途半端なワンルームマンションを購入するよりもはるかに出口戦略は立てやすいと言えるのです!

まとめ

小さな戸建て賃貸にはメリットがたくさんです!

スタートから出口戦略に至るまでかなり明確なビジョンを持って進めていく事が可能です。

あとはとにかく融資を引けるか、収益出せるかにつきますね。

実現に向けて一歩ずつ進んでいきたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 賃貸併用住宅へ
にほんブログ村

 


賃貸併用住宅ランキングへ