ゼロから始める賃貸併用住宅のつくり方

賃貸併用住宅に家族3人で暮らしています。

2×4(ツーバイフォー)住宅の冬、その断熱性能について【体験談】

f:id:ichihayakakeru:20190106091725j:image

2×4(ツーバイフォー)の新築住宅に住み始めて最初の冬を迎えました。

 

私が住んでいる関東地方でも、朝方は氷点下まで冷え込み、本格的な冬の到来を感じています。

 

今回の記事では、私が実際に住んでみて感じる、2×4(ツーバイフォー)住宅の断熱性能について書きたいと思います。

 

2×4(ツーバイフォー)の家の断熱性能

今朝の最低気温は−2度でした。

 

毎朝の事ですが、厳しい冷え込みです。

 

そんな中

 

我が家の温度計は16.8度でした。

 

昨晩は夜7時くらいから暖房を切り、コタツのみで過ごしています。

 

ツーバイフォーの断熱性能はとても高いと思います。

 

ツーバイフォーの家の室内は、機密性が高く、外気を完全にシャットアウトしてくれます。一度暖まれば、外気の影響を受けにくく、室内の温度は下がりにくいのです。

 

以前は賃貸のアパート暮らしでしたが、朝の室内は12度くらいまで冷え込んでいた記憶があります。

 

その時と比べれば、ツーバイフォーの家の断熱性能にはとても満足できています。

 

2×4(ツーバイフォー)の家は結露しにくい

冬の結露に悩まされているご家庭も多いと思います。

 

私の場合も、以前の賃貸アパートは結露がひどく、カビの発生も気になり、本当にストレスでした。

 

しかし、ツーバイフォーの新築住宅は非常に結露しにくいです。

 

これは、機密性が高いというツーバイフォーの構造上の特性によるものと、窓自体の性能によるものが大きいと思います。

 

我が家では、「クレトイシ株式会社」のMontage という窓を採用しました。

 

このMontageは、Low-Eガラスという複層のガラスで、窓枠はアルミサッシの1/1000の熱伝導率の素材であり、省エネ建材等級⭐️⭐️⭐️⭐️の建材です。

 

詳細はクレトイシ株式会社のホームページをご覧下さい

 

www.kgw.co.jp

 

今朝の結露の状況はこんな感じでした

f:id:ichihayakakeru:20190106095641j:image

f:id:ichihayakakeru:20190106095657j:image

ガラスの淵に多少の結露が見られるという感じです。

 

しかし、窓ガラス全体や窓枠サッシには結露は見られないので、カビが生える心配はおそらくないと思います。

 

我が家には3歳の子供がいるので、結露しにくいことは、健康面を考えると非常にメリットが大きいと思います。

 

電気代やガス代は?

我が家の今月の電気代とガス代は

電気代 約7000円

ガス代(都市ガス) 約8000円

合計  約15000円

でした。

 

以前の賃貸アパートはオール電化でしたが、冬場の電気代は月2万円以上いってました。

 

それを考えると、ツーバイフォーの新築住宅の省エネ効果もとても大きいと言えると思います。

 

まとめ

2×4(ツーバイフォー)の新築住宅の断熱性能はとても高く、省エネ効果もとても大きいと言えると思います。

 

これからのあなたの家づくりに、何か少しでも参考になれば嬉しく思います。

 

 

www.ichihayakakeru.work

www.ichihayakakeru.work

www.ichihayakakeru.work

 

にほんブログ村 住まいブログ 賃貸併用住宅へ
にほんブログ村

 


賃貸併用住宅ランキングへ