ゼロから始める賃貸併用住宅の暮らし方

賃貸併用住宅に家族3人で暮らしています。

賃貸併用住宅の住宅ローン借り換え本審査に無事に通りました

f:id:ichihayakakeru:20190731222106p:plain

先日、モゲチェックという住宅ローンサービス会社を通して住宅ローンの借り換えの事前審査に申し込みました。

 

その結果、事前審査に通り、某大手金融機関から金利0.525%の好条件で提案をもらえたので、そのまま7月8日に本審査の申し込みを行いました。

 

詳細は前回の記事をご覧ください。 

www.ichihayakakeru.work

 

待つこと3週間

 

7月26日に無事に某大手金融機関の本審査に通りました!

 

条件はなんと0.495%という超好条件でした!

 

口座開設やNISAの契約を行うことで、更なる金利優遇を受けることが出来ることになったのです。

 

これならネット銀行と比べても遜色ありません。

 

更に、来年1年に限り諸条件を満たすため金利優遇0.1%がさらに上乗せになり、0.395%という訳の分からないくらい低水準の条件まで金利が下がることになりました。

 

モゲチェックおそるべしです。

 

この借り換えにより

総額約400万円

毎月約1万1000円(来年1年に限り約1万3000円)

住宅ローンの支払い額が減ることになりました。

 

本当に大きな借り換え効果です。

 

更に更に、まだ住宅ローンを借りてから1年4ヶ月しか経っておらず、現在借り入れ中の金融機関は早期で完済することになるので、支払った保証料がほとんど戻ってくることになりました。

 

返金額は約100万円の見込みです。

 

これは、保証料を一括先払いしていないとダメだったみたいです。

 

住宅ローンの早期借り換えにはこんな大きなメリットも存在していました。

 

ただし、借り換えには当然諸費用がかかります。

印紙代 6万円

金融機関手数料 120万円

モゲチェック手数料 41万円

(借り換えメリット金額の10%)(結構高い)

その他 30万円

合計 約200万円

 

かなりの金額です。

 

ただしこれらの諸費用は全て融資内に収めることが可能なので、手出しで必要な現金はほぼありません。

 

これらの諸費用がかかったとしても借り換えのメリットは本当に大きいので、今回借り換えを迷わず即決しました。

 

モゲチェックの手数料は少し高いですが、サービスの内容、審査のスピード、借り換えの効果を考えたら支払うべき対価だなと感じています。

 

トータルで考えたらモゲチェックはおすすめの住宅ローン借り換えのサービスですよ!

 

あなたに最適な1番低金利の住宅ローンをご提案します!住宅ローンのモゲチェック

 

今後、8月15日が完済日になっています。

 

何も問題が起こらず、無事に借り換え手続きが完了する事を願います。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 賃貸併用住宅へ
にほんブログ村

 


賃貸併用住宅ランキングへ